講師の一言
上先生
受講者の皆さんこんにちは。
本日は土系舗装(ATTAC工法)の力学的性質について講義をします。
一方的な講義にならないよう、質問も受け付けますますのでよろしくお願いします。
内田先生
現在は技術系の仕事に従事している方も、将来いつかは、必ず管理職として数字を見ることがあると確信します。
今回の講義では、決算書のしくみ並びに決算書を読むポイントをお話します。
今後の会社運営に役立てていただければ幸いです。
渡辺先生
都市化の進行に伴い、雨水が地下へと浸透しなくなり、街中での都市型水害が頻発しています。
私の講義では、なぜ、都市型水害が頻発するようになったのか?
また、どのようにすればアッタク工法を用いて水害から街を守ることが出来るかに関して説明します。
井原先生
日々のお仕事のなか、講習会にご出席下さりありがとうございます。
ATTACの技術は、幼児から高齢者に優しい技術です。
適応の幅も道路から住まい、さらには地球を救う技術と私は思っています。
「愛と、ATTACは、地球を救う」が目標です。再び、講義でお会いしましょう。
加藤先生
本日は、皆さんの頭の中で考えたアイデアを財産にする知的財産制度について、楽しく学びます。
元手のかからないアイデアがお金を産むのです。知らないと損しますよ。
野々村先生
講義内容は、iRICの解析に関することです。
受講者がiRICの解析をすることは、非常に困難です。
しかし、解析結果を理解することは簡単です。
日常生活における降雨現象を思い出すことで、内容は直ぐに理解できます。
陣内先生
“マサ土”は土系建設資材として広く使用されていますが、花崗岩が風化変質してできたものです。マサ土の生成プロセスを多面的な視点から知ることは、ATTAC工法に関わる“マサ土”の適性使用に資するものと思われます。
聞き慣れない用語も多いかと思いますが、職場に帰られてからでも結構です、遠慮なく質問をしてください。「知るは一時の恥、知らざるは一生の損。」です。
立野先生
大人になって、これだけ多くの学びができるなんて、大変貴重な経験です。
各分野の専門性の高い講義を短時間で吸収すると頭が混乱するかもしれません。
ただ頭が混乱するということは、まさしくその時学んでいる証拠です。
なんて素敵じゃありませんか?
せっかくの機会です。
各講義を楽しんで下さい!