ATTAC工法「路盤」始動!
2017.7.8 福岡県を襲った大雨の間隙に、ATTAC工法として初めての路盤工事が行われました。
福岡県八女県土整備事務所のご協力を仰ぎ、本施工歩道の一部(10m区間)を既存の透水舗装工法からATTAC工法に変更していただき、組合理事の先生方に比較検討を行っていただきます。
 また今回の施工においては、(株)尋木組の協力要請に(株)フクユー緑地が快く応じて下さり、組合の理想とする、組合員同士の協力施工が行われました。
将来、多くの組合員の皆様がこのような関係を築き上げられる事を期待しております。
路盤工事
ATTAC工法「路盤」+アスファルト施工
2017.7.14 アスファルト敷設。
下の写真でお分かりのように、路盤の色が違います。
しかし、アスファルト敷設の方法は従来と何ら変わるところはありません。
映像には、ローラー転圧が撮影の都合上映っておりません、ご了承ください。
アスファルト施工
路盤の粒度分布掲載
2017.8.1 今回施工に使いましたRC-40の改良前と改良後の粒度分布が、組合専務理事の陣内先生によって明らかになりました。
向かって右から3,4番目の106μmと250μmの分布が極端に違う事がお分かりになると思います。
比較画像


試験結果グラフ
ATTAC工法改良により、微細粒部分が減少し、その分粗粒化している。
この粒度分布のふくらみが団粒化を示していると考えられる。